拘束時間のダブルカウントを可視化する事によって
労働時間に対する意識が変わりました。

株式会社ハンディーズ
取締役社長:新井田 知成 様

会社紹介

神奈川県で航空貨物等の輸送を行われているハンディーズ様本社に訪問致しました。

同社の強みはドライバーさんの質になります。

ハンディーズ様は新井田社長様がご創業されており、創業時から様々な業務を行われている為、ドライバーさんも配送業務だけではなく接客やPCの操作等

様々な業務ができる方が多く社員様のクオリティーが高い事が強みです。

頑張った人が正当に評価される人事制度も作成されており社員の皆さんが安心して働ける職場づくりに取り組まれております。

株式会社ハンディーズ

勤怠ドライバーをお知りになった経緯

三村運送さんから御社をご紹介頂いた事がきっかけです。

同じ運送業界の経営者が複数出資して創られた会社というお話を頂いておりましたので一度話を聞いてみようかと思いました。

勤怠ドライバーをご利用されてみていかがですか。

弊社は元々長く他社様の勤怠管理システムを活用して勤怠の管理を行っており

社員も皆なれていたものの、汎用的なシステムの為、運送業特有の改善基準告示に対応した管理が行いにくい状態でした。

その点ロジ勤怠システムさんの勤怠ドライバーは改善基準告示に対応している為、勤怠ドライバーを活用する事で拘束時間の管理等が行いやすくなりました。

その結果、社内全体で時間に対しての意識がかわりました。

例えば配車を組むにしても時間をオーバーしないか確認を行いながら配車を組むようになりました。

勤怠ドライバーでも画面はこちら

よくご利用になられる機能を教えて下さい。

打刻(タッチパネルを活用)、勤怠入力(日々の勤怠の確認と修正)、勤怠実績表

(個人ごとの勤怠の帳票)は毎日活用しています。

スケジュール(スケジュール管理機能)についても活用しており、細かく管理を行う事が出来ております。

勤怠ドライバーの導入の決め手を教えて下さい

ご担当者様です。

誰と仕事をするのかは大切だと思っており、その点ロジ勤怠システムのご担当者のお二人は信用できると思いました。

導入後も定期的にご連絡頂いています。

今後よりドライバーの皆さんが打刻を行いやすくする為に、ICカードを使った打刻方法にする事も検討しており今後共宜しくお願い致します。

他の事例も見る

電話で相談するフォームから相談する

勤怠ドライバー ~運送業向け勤怠システム~
お気軽にご相談ください。専門の担当スタッフが対応いたします。

電話で相談するフォームから相談する