rk2_01

株式会社ルートケーツー

会社紹介

ルートケーツ様は倉庫業を営んでおられる小山企業様の物流子会社として29年前に設立された会社様です。 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県に配送拠点を持ち小型車主体に倉庫から出る運送物を中心に輸送を行われております。

株式会社ルートケーツー ホームページ

勤怠ドライバー導入前の管理方法と課題

勤怠ドライバー導入前は自社で作ったソフトを活用して管理を行っておりました。

勤怠ドライバー(クラウドソフト)を入れるきっかけとなったのは今後の法改正を考慮した際に法改正があった場合にその都度対応が必要であり、自社で行うと法的な部分の対応が遅れる可能性や漏れるリスクを考慮した際に勤怠ドライバーの導入を決めました。

勤怠ドライバー導入後の変化

勤怠ドライバー(ソフトウエア)の良い点はリアルタイムであるという点がまず第一です。
本部の管理機能としては月1回集計結果を出して管理部のものが超過労働等制止しています。
特に総労働時間、残業、休日取得、有給の取得についてチェックを行い現場にフィードバックしてます。
管理者は締め作業もありますし日次のリアルタイムで確認ができ、締め時には状態がわかる為、抑制効果が大きくでました。
ドライバー職も2024年以降になるともっと促進されると思いますが、労働時間が制限されて残業や有休が管理されるとなるとシフトを組まないと上手く回らないと思います。
勤怠ドライバーを導入した事によって結果的に月次のシフト管理を上手く組まないとオーバーしていくので月次のシフトをしっかり組むようになりました。
その結果として今まで個人に偏った残業が均等化されましたし有給もとれる人と取れない人がいましたが、均等化されましたので管理職の管理としては非常に行いやすくなりました。

今後取り組んでいきたい事

労務管理と運行管理を勤怠ドライバーで行っていきたいと考えております。

今後追加して欲しい機能

ワークフロー機能、実績入力を追加して欲しいと思っています。